お家で楽しむアウトドア

投稿日:2019年08月29日

こんにちは!

施工管理の樋山です。


も終わりに近づき、暑さも落ち着いてきましたね。皆さんは今年の夏をどのように過ごされましたか?

天気の良い日が多く、お出かけアウトドアには最高でしたね!


弊社でも、夏の初めに毎年恒例のバーベキューを行いました。

社員の家族なども集まり、毎年楽しく開催しています!


その模様はリフォームスタッフブログでご紹介しています。>>こちら



年々バーベキューやキャンプなど、アウトドアを楽しむ方が増えているそうです。

動画サイトなどでも多くのキャンプ関連の動画が人気になっていますね。


ちなみに、日本での第1次アウトドアブームは、今から20年ほど前の1990年代前半だそうです。

それから時代は変わり、楽しみ方も今はさまざま。


アウトドアイメージ



例えば…自宅で手軽に楽しむアウトドア。

スノーピークさんが提唱するアーバンアウトドアという考え方ですね。


そんなアーバンアウトドアの概念を活かし昨年誕生した街が、新潟市江南区にある天野エルカール

ダイケンアーキテクツのモデルハウスはここにあります。一部をご紹介すると…


ダイケンアーキテクツモデルハウス

玄関前、キャンプには欠かせないタープを張れるようになっています。


ダイケンアーキテクツモデルハウス

その隣は土間テラス。ゆったりと語らいながら食事を楽しんだり出来ます。

奥はLDKでここが中と外をつなぐ半ソトのようなイメージです。


気になる方は予約制でご見学ができますのでお気軽にお問合せ下さい。>>こちら




また他にも…


中庭のある家

こちらは以前ご依頼をいただいた中庭のある家。住宅地の中で人目が気になるという方は、こういった方法も。




また、ベランダやバルコニーを使ってキャンプ気分を味わい、非日常を楽しむなんてことも。

ベランピング(ベランダ+キャンプ)といった造語で近年言われています。





いくつかご紹介しましたが、いずれにしても、騒音やニオイ・時間帯などご近所さまへの配慮を忘れずに行うことは大事ですね。また、先ほどのベランピングをマンション等でしてみたいという方は、以下にご注意ください。

※集合住宅では消防法により、ベランダにはむやみに物を置くことが禁止されていますので、ベランピングをする際には、非常時の避難経路を確保して「避難はしご」「脱出口」「蹴破り戸」等の付近にはものを置かないようにしましょう。また、物件ごとに個別のルールがある場合もありますので、規約を事前に確認してくださいね。



他にも様々なご提案ができます。

皆さまの趣味やこだわりの詰まったお家づくり、ぜひご相談ください!

2019年8月29日 投稿|