ペットとの暮らし 2

投稿日:2018年06月22日

こんにちは!

前回に引き続き「ペットとの暮らし」後編になります。



家族と同じくペットも大事な一員。

人間にとっての快適さと、ペットにとっての快適さを
両立できるような家づくりが大切ですね、と前回お話をしました。




ペットにとって生活がしやすい家


ペットにとっての快適な家とは・・・?足元(床)に目を向けてみましょう。

一般のフローリング材は、滑りやすいために犬やネコなどが足腰を悪くする原因といわれています。

そこで、よく使う部屋には滑りにくい床材を使用する。


1. タイル

タイル床

一見、硬いのに大丈夫?と思われるかもしれませんが、
表面はザラザラとしており、手足にグリップするので滑りにくいです。



2. クッションフロア

クッションフロア

その名の通りクッション性に優れ、また水にも強いです。

トイレや洗面室など水まわりでもよく使われます。

衝撃を吸収し、足を踏ん張りやすいのでペットにとっても有効な床材です。



3. タイルカーペット

タイルカーペット

こちらも柔らかい素材のため、衝撃を吸収してペットの手足にうまくグリップできます。

また一定の長さでカットされているので、部分的に使用したり、汚れた箇所だけ洗えたりと
使い勝手が良いです。



お部屋、廊下、階段など滑りやすい箇所に使用するのも
ペットにとって快適な家にするためのひとつですね。




ペット用ドア

ドアが開いていなくても自由にペットが部屋を行き来できるようにしたい!

そんな場合にはペット専用のドア、出入り口を付けましょう。


壁内くぐり戸

(壁内くぐり戸:DAIKEN/大建工業)


ネコちゃんが通るとこんな感じ↓

壁内くぐり戸

(新潟市南区Y様邸・壁内くぐり戸取り付け)



かわいい(^^)ドアの下についているタイプもあります。

新築やリノベーション、リフォームでも取り付けが出来ます。



ペットを飼うときは、ペットにとっての住みやすさも考えて家づくりの計画をしましょう!

2018年6月22日 投稿|