使いやすいダイニングキッチンのレイアウトとは!?

投稿日:2019年07月31日

こんにちは!アドバイザーの松岡です。

やっと長~い梅雨が明けましたね!


木漏れ日

毎日くて現場での打合せは汗だくになってしまいます…。

こんな時期は外から帰ってくるとすぐクーラーに頼ってしまいますが、体調崩さないように気をつけていきましょう!




さて、今回はダイニングキッチンについてお話したいと思います。

最近ではダイニングとキッチン、そしてリビングを1つの空間(LDK)にするお家が多くなっています。LDKといっても色々なカタチがあります。特に、毎日家事をすることを考えると使いやすい空間にしたい!と思うのは当然のこと。


では、どんなレイアウトがあるのか見ていきたいと思います。




直線型(I型)


ダイニングキッチン直線型

I型キッチン施工例 / 新潟市東区新築住宅


キッチンとダイニングテーブルを直線的に並べています。

すぐ隣なので作ったお料理を出しやすく、家事動線を短くすることが出来ます。片づけも楽ちんです♪

テーブルの背面がキッチンの通路となるので、ある程度のスペース確保と配置には注意が必要ですね。



対面(オープン)型


ダイニングキッチン対面型

対面型キッチン施工例 / 新潟市中央区新築住宅


キッチンを対面型にして、ダイニングやリビングで家族団らんを感じながらお料理が出来ます。

キッチンが独立している感じはありつつも、同じ空間なのでコミュニケーションは取りやすいですね♪

家事動線ははっきり分かれますので、先程の直線型よりはキッチンとダイニングとの距離が遠くなりがちでもあります。



アイランド型


アイランドキッチン

アイランドキッチン施工例 / 新潟市中央区リノベーション


なんといっても開放感!こちらは奥様こだわりのステンレス製で存在感を放っています。

複数人での調理や作業もしやすいですし、パーティにも最適ですね♪カウンターで食事など普段使いにも。

周りからもよく見えるので、収納などをうまく活用しながら使いたいものです。




ここでご紹介したのはほんの一部で、お客様のご要望によりレイアウトはさまざま。

どんな空間にしようか、イメージはあるけど、それをカタチにするのはなかなか難しいですよね。

そんなお客様の理想、生活の仕方を一緒に考えご提案させていただきます。


新築やリフォームでもわからない事やご不安な事がありましたらいつでもお問合せ下さいませ。

一緒に心地よい暮らしづくりのお手伝いをさせていただきます!

2019年7月31日 投稿|