冬に気をつけたいこと

投稿日:2018年11月30日

みなさま初めまして!

11月より、リフォーム事業部から新築事業部「ダイケンアーキテクツ」へ異動してまいりました、住宅アドバイザーの松岡と申します。これからよろしくお願いいたします!



すっかり寒さが厳しくなりましたね。

浜谷町本店ではクリスマスの飾りつけを行い賑やかな雰囲気になりました☆

浜谷町本店ショーウインドウ


さて、季節は冬…。

みなさまヒートショックってご存知でしょうか?近年ニュースに取り上げられることが多くなりましたね。今回はヒートショックと住まいについて考えてみたいと思います。



そもそもヒートショックとは…?

ヒートショックとは、室温の変化や血圧の上下変動などによって身体が受ける影響のことです。これによって身体的にさまざまな影響を及ぼす恐れがあります。さて、このヒートショックはどうしたら防げるのでしょうか!?



ヒートショックと住まい

住まいでいうと、お風呂場や洗面室、廊下、玄関…多くのところで起こる可能性があります。防ぐためのポイントは…各部屋での温度差を出来る限りなくすことです。



住まい計画のポイント

新築あるいはリフォーム・リノベーション含めてできることを紹介いたします。


①家全体の断熱性能をあげる

床・壁・天井の断熱材を充分に入れておくことです。まずは住まいの周りからしっかり断熱してあげましょう。また、断熱性能を良くすることで冷房や暖房の効率もよくなります。


②断熱性能の高い商品を選ぶ

例えばユニットバスや玄関ドア、窓など…ユニットバスであれば浴室空間をまるっと断熱で囲っているタイプもあります。従来のタイルのお風呂と比べても効果は違います!実際にリフォームで行った際も「暖かくなった」との声を多く頂きました。実際の施工事例がこちらです↓


Before

お風呂リフォーム Before

After

お風呂リフォーム After

(新潟市東区 お風呂リフォーム事例/TOTO・サザナ)


タイルのお風呂をユニットバスに入れ替え、断熱性能もUPしました。




また、玄関ドアや窓はペアガラスを採用すると良いでしょう。最近ではトリプルガラスという更に高性能な商品もあります。


今回ご紹介した以外にも対策はあります。ダイケンアーキテクツでは、お客様の過ごし方などさ様々なご要望からお住まいのご提案をさせて頂いております。ぜひ、お気軽にご相談ください!


浜谷町本店内観

新築・リフォーム・リノベーション、新潟市内3店舗のショールームでお待ちしております。

2018年11月30日 投稿|